amazon輸出サスペンド(アカウント停止)を宣告された..解除し復活する方法はあるのか

富澤です。

今日はamazon輸出でサスペンドを宣告された場合についてお話をしていきます。

結論から先に書いていくと『解除される可能性は極めて低い』ということ。

そうなる前に何かしらの対策などが必要になってくるのですが、サスペンドになってから後悔して「あのときにあぁしておけば・・」と考えていても仕方ないです。

僕の場合は知的財産権侵害のクレームが入ってサスペンドになったわけですが、その後も復活して販売活動を継続し年間でかなりの金額を安定的に売り上げるようにまでなりました。

そのある意味での復活劇について解説していきます。

amazon輸出サスペンドの種類

サスペンド(アカウント停止)を宣告されるにパターンが概ね2種類あると思います。

  • アカウントヘルスの悪化
  • 知的財産権侵害のクレーム

この2種類が多くのサスペンド要因となっていると思われます。

アカウントヘルスの悪化についてはキャンセルを連発しまくってしまった..発送までの日数で遅れっぱなし..顧客からのメールをフルシカト..などが考えられます。

これはamazonで販売を継続したいなら守っていきたいルールになってくるので、サスペンドになる前にしっかりとやっていくことが前提です。

これでサスペンドを言い渡されて本気の弁解をしてもサスペンド確定となったら次からは本気でアカウントヘルスは良い状態をキープしていくことに努めたほうが良いです。

で、僕の場合は無在庫によくある『知的財産権侵害クレーム』が原因でした。

しかも過去に2回ほど・・

amazon輸出アカウント停止の経験談

amazonから販売停止を通達するメールが来た時は本当に目の焦点が合わなくなるような、焦りと不安でいっぱいでした。

その当時はようやくコンスタントに売れ始めて売り上げも順調になってきた時のことです。

一度、あるメーカーからクレームが入ってamazonから警告メールが届きました。

それで急いでクレームのあったメーカーの商品をまるごと削除をしてホッと胸をなで下ろしていのも束の間で他のメーカーからクレームが入ってしまったのです。

1度目は警告だけでしたが2度目はサスペンドということでアカウント停止という状態になったのです。

なんとかならないかとセラサポに何度か連絡をいれるも事務的にあしらわれて、ネットで情報を探すも解決方法なんてありませんでした。

結局、メーカーに和解を求めたりamazonへの弁解を頑張るも永久にサスペンドという結果になりました。

なんということでしょう。

売り上げもそこそこ多かったので当時の僕の失望具合はかなり深いものでした。

しかし、せっかく暗闇から光が見え始めてきていた状態でしたから是が非でも、もう一度チャンスを手にしたいと思うようになったのです。

amazon輸出でサスペンドになった後の復活

結局のところ僕はサスペンドを解除をすることはできなかったことになります。

それでも僕は販売することを決意して実際に販売を続けることができました。

なんとか再度アカウントを作ったということですね。

ちなみにamazonやBUYMAなどでもそうなのですが一度アカウント停止になると新しいアカウントを作成するにはとても大変です。

様々なポイントで過去のサスペンドされたアカウントと紐付けられてしまってすぐに新しく作成したアカウントも停止の憂き目にあってしまいます。

amazon輸出で新しいアカウントを作るポイント

クレジットカードを変える
クレジットカードの住所で判別されるようなので、全く違う住所で登録されているクレジットカードである必要があります。

・住所を変える
今まで登録していた住所を変えるべきかもしれません。

個人的にはこれはあんまり関係ないかも?と思ってますが、レンタル住所を借りるなりマンション名など消したり工夫すればいいと思います。

・IPを変える
IPとはネット上の住所みたいなものですので、これも一応変えたほうがいいかなと思います。

IP偽装というと響きは悪いですが、デスクトップクラウドやIPを変えるサービスもあるのでこれを使用したらOKでしょうか。

・メルアド、パスワードを変える
これも関係ないだろと思いますが、一応変えてみました。

とにかく完全に別人にならければいけないということですね。

奥さんがいるなら奥さんに力を貸してもらえばいいし、親兄弟に頼るのもありだと思います。

そうでもしなければ別アカウントを作ることは難しいかもしれません。

そうしてでも執着する理由としては正直なところ他に儲けれるビジネスはあったのも事実です。

例えば” 国内転売 “とかでしょうか。

しかし、当時の僕はamazon輸出にこだわりました。

その理由にやはり儲けがでかいということと無在庫というリスク面です。

僕みたいな個人から始めて月商1千万とかたたけるのはこれ以外に思いつきませんでした。

しかも利益率も決して悪くありません。

amazon輸出でサスペンド対策でしておきたいこと

サスペンド対策としてまず僕が気をつけているのは日本の商品を売るということです。

JANコードが49や45から始まるバーコードは日本固有のコードです。

それ以外の商品は全て消します。

次にむやみやたらに出品しないということです。

なんでもかんでも出品していたらそれは鬱陶しがられて誰かが仕掛けてくるかもしれません。

悪意のあるライバルセラーがなりすましする場合もありますから・・・。

それであれば安パイなメーカーであったり安全な商品に絞りこんで出品しましょう。

この絞り込みが意外にも売上向上に貢献する場合もありますから、数を少なくするのにそんなに不安を抱かなくてもいいと思います。

目先の利益を取って月に200万を儲けて危ない橋を渡るよりは安全に月50万でも超長期にわたってお金を稼ぐほうがいいと考えを改めました。

現在では苦労して作ったアカウントをなんとか守り売上を安定的に得ています。

ちなみに名義は会社名義に変更したので問題のないアカウントになってます。

こうして違った道を通って復活したということになりました。

サスペンドはされないのに越したことはありませんが、無在庫では特にイチイチ確認をしないで大量に出品するところがあります。

それだけにサスペンドのリスクは常につきまといます。

そのときに起こってしまった事実にクヨクヨと悩んでいても現実は1ミリも動きません。

なぜならどんなに涙ながらに訴えようがamazonは粛々と裁きを下していきます。

それならば、やってしまったことではなくて今これからどうしていこうかという方に目を向けていく方がいいのではないのかなと僕は思います。

つまり面倒ではあるものの再度アカウントを取得してゼロから再スタートをしたいと思うのであれば、そうした方が良いと思うのです。

僕はそうしました。

その結果として年間1億ちかい年商をamazon無在庫輸出だけで達成することはできました。

諦めないで良かったと痛感しました。

でも、すべての人がそうとも限りません。

一度のサスペンドで全てのパッションを折られてしまう人もいるでしょう。

そういった人は再度アカウントを作成してリスタートをする気もないなら去るのみです。

諦めずに続けてキャッシュを獲得していくのか、諦めてまた他へ他へと甘い話に釣られていくのか・・

どうせなら一度はチャレンジしたこと、もう少し頑張ってみてほしいと僕は思います。

ここまで読んでいただき本当にありがとうございました。

感想や質問がある場合は以下のコメント欄にお願いします。

必ず目を通して返信をさせていただきます!

只今、ブログの内容をより体系的にまとめた転売ビジネスの教科書を
無料でプレゼントしています。

レポートコンテンツ  動画コンテンツ  音声コンテンツ
文章ベースで何処でも
ノウハウ、知識を
学ぶことができます。
動画を見ながらに
具体的なノウハウ、
知識を学べます。
 イヤホンをしながら
ノウハウ、知識を
聴きながら学べます。

 

以下のフォームに教科書を受け取るメールアドレスと、
あなたの苗字を記入してプレゼントをお受け取り下さい。

 

*お名前(ニックネーム可)
*メールアドレス

1 個のコメント

  • こんにちは。
    興味深く読ませていただきました。
    ジャパンブランドの
    個人輸出をやりたい! と思ってこちらにたどり着きました。
    英語話せません。中高習った程度で
    eBayのサイトを見てみましたが
    さっぱり読めず、恐怖すら感じました…
    でも、やってみたいと強く思うのです。
    アドバイスいただけますでしょうか…
    売りたい品は
    日本製にこだわった
    オムツケーキ、ギフト商品です。
    ラッピングなどにもこだわって
    付加価値をつけて販売してみたいと思っています。

  • コメントを残す