eBayで売れる日本のものをリサーチする方法【無料、有料ツールで解説】

富澤です。

この記事ではeBayで売れる日本の商品をピンホールレベルで見つけ出す方法について解説をしていきます。

無料有料問わずeBayで売れる日本製品というものは見つけることは可能です。

また、その方法は多くの方がブログなどでシェアしていると思います。

ただしそれらは本質的な部分を欠いているために表面的なリサーチになりがちです。

表面的なリサーチばかりをしているとeBayを見て日本のamazonやヤフオクなどを見て価格差をチェックするという単純で誰でも考えられる方法に偏ってしまいます。

そうなるとライバルと同じ思考でのリサーチとなるため競争に陥り、評価数の多いセラーに勝てなかったり薄利に甘んじる結果になりかねません。

そうした問題を解決するためにもこの記事では無料有料問わず確実に売れる日本製品をピックアップする方法を解説します。

eBayで売れる日本のもの

eBayで実際に売れている日本の商品は沢山ありますし、それらを見ることは実に用意です。

他の記事でもその方法は解説していますが、この記事でも念のために書いていくこととします。

シンプルに言えば『eBayで実際に日本人セラーが売ったものを見る』ということ。

ここらへんは当たり前の話で退屈に感じる方も多いかもしれませんが、徐々に深く入っていきますので安心してください。

まずeBayのトップページに行きます。

そうしたら検索窓の隣にある『Advanced』をクリックします。

eBayリサーチ1

そうすると色んな選択肢などがズラッと表示されますので、Find Itemsの欄にある一番上の検索窓に何かしら文字を入れなければいけません。

そうしないと検索結果が表示されません。

ですからjapanでもjpでもaでもいいので、とりあえず試しに何か入力してみましょう。

次にSearch includingの欄にあるsold listingにチェックを入れます。

eBayリサーチ2

そして下までスクロールしていき次にLocationの欄にあるLocated Inのプルタブを選択して国を『Japan』に選択します。

eBayリサーチ3

これで下までいきSearchをクリックすれば日本人セラーが過去に販売した商品がズラッと表示されます。

「んなもん知ってるわ!」と怒られるかもしれませんが、一応です..一応。

はじめての人は一覧を見て「こんなのも売れてんの?」と不思議に感じる物もあるかもしれませんが、実際に海外の方がeBayオークションに参加して入札をして実際に買ったものです。

そして日本に住むセラー(出品者)が販売したものになります。

もしかしたらあなたが住む町の近所の会社かもしれないし、個人さんかもしれませんね。

ゲーム、カメラ、バッグ、おもちゃ、文房具..本当に色んな物が売られています。

更にBuying formatsでオークション形式なのか即決方式で販売されたのかやPriceで金額を入力することで例えば3千円から1万円の間の商品だけを表示することも可能です。

もちろんコンディションも新品のみか中古のみという絞り込みも可能です。

こういった一覧を検索ワードを変えてみて何度も流して見てるだけで頻繁に売れるカテゴリー、ジャンルの商品が肌で分かるようになってきます。

ただしあまりにも膨大な量が一覧表示されますし統一感もないので、これだけを見ていても「じゃあ実際に何を売ればいいの?」という疑問が生まれてしまいます。

それを解決するために更に深く入ったリサーチが必要となってくるわけです。

それをまずは無料ツールで解説していきます。

eBayで売れるものをリサーチする

実際にリサーチについて解説していくのですが「このツールが良いですよ」「こうやってやるんですよ」だけでは表面的な話でビジネスの本質についておざなりになってしまいますので、まずは何故これから紹介するツールを使用する必要があるのかという部分からお話させていただきます。

この『なぜ』の部分が理解できるとビジネススキルがかなりパワーアップしますので今後のビジネスで有利に働きます。

当たり前の話なんですが商品を買ってくれるのは『人』です。

ペットでもロボットでもなく人間です。

ネットでビジネスをすると対面で向き合うということがないので、どうしても淡々としてしまいます。

その結果として表面的な価格差だけを調べるみたいな話になってしまうんですね。

とどのつまりお客さんが欲しいというものしか売れません。

だから人有りきでリサーチを考えていかなければいけません。

この『人』の部分をリサーチしていく上で最も役立つと思うのでブログ運営です。

転売とブログ運営は非常に似ているところがあります。

例えばブログを書いていく上で自己満であれば気にする必要は無いのですのが、ブログをお金に変えていきたいと望むのであればSEOという検索エンジンで上位表示させる施策が必要になります。

で、そもそも検索している人が一定数いるキーワードを意識して書かなければいけません。

そのためにキーワードツールなどで検索ボリュームをチェックしたり複合キーワードを理解してブログのタイトルや構成を作っていきます。

キーワードというのは『人の思考』のようなものですから重要な立ち位置になるわけです。

あなたがこのブログにたどり着いたのもグーグルで検索して表示されたものだと思います。

それは『eBay輸出』というワードだけでなく更に複合キーワードを入力したことが予想されます。

そして人が商品を買うときもキーワードを入力して目的の商品まで行き着くことが大半だと思います。

それはamazonでもeBayでもヤフオクでもです。

こうした現実から人が商品を買うまでのプロセスを理解して逆算して考えていくことで高い確率で『人が求めている物』が分かるようになってきます。

それが分かればライバルの少ないニッチな商品もピンホールレベルで発見する事が可能です。

当然、売れることが分かればライバルも後から真似をしてくることが予想されます。

ですが、表面的に真似をしただけの人と本質を理解してピンホールレベルで売っている人とでは圧倒的な差が出るものです。

なぜなら本質を理解してリサーチをしている人は、そのリサーチ方法をまた使っていくだけで何度でも同じような商品を発見することができるからです。

ということでキーワード(人)という観点からリサーチをしてく方法を解説します。

eBay輸出のリサーチに使える無料ツール

https://keywordtool.io
(キーワードツール)

このサイトではeBayのキーワードサジェストを確認することができます。

サジェストとは調べたいメインキーワードを入力した際に補助機能で複合ワードも候補として表示されるものです。

グーグルの場合だと以下のように表示されます。
eBayリサーチ4

メダカと入力した人は上記画像のような複合ワードで合わせて検索する人が『多い』ということになります。

このようなサジェストはグーグルだけでなくeBay、ヤフオク、amazonなどでも表示されます。

で、eBayのサジェストを一括で表示してくれる機能を持つのがキーワードツールということになります。

それでは試しにやってみましょう。

先程のリンクをクリックすると以下のようなページに飛びます。

eBayキーワードリサーチ1

虫眼鏡マークの隣にある部分をクリックすると対象国を変えることもできますがUSに絞って考えていきたいと思います。
(eBayはUSだけでなくイギリス、スペイン、イタリア、オーストラリアなどなど多数あります。)

検索窓に試しに『JAPAN』と入力します。

すると以下のようにズラッと表示されます…

eBayキーワードリサーチ2

これが何を意味するのかというとeBayでjapanと一緒に検索されることが多いキーワードということになります。

ボカシがかかっている部分は検索ボリュームなどを見ることができるようですが見るには有料プランに入らなくてはいけません。

正直な所、そこまでしなくても無料プランで充分だと思います。

これらを流して見ていると多種多様にわたる日本製品が検索されていることが分かると思います。

eBayという場所はお金を支払ってでも買いたいという人が集まる場所ですから、そこで検索される言葉というものは売れやすいということになります。

先ほど表示されたjapanの複合ワードを見ていると興味深いことに『zippo』という単語があります。

ZIPPOはそもそもUSAが本場だと素人ながらに認識しているのですが、何故『japan zippo』なのだろうと疑問を感じたのです。

そこでeBayに行き『japan zippo』というワードで検索してみました。

過去に売れただけの物を見ていても実に多くのZIPPOがあります。

新品も中古も入り混じっている点を見るとコレクターが多いということになるかと思います。

僕が以前にamazon.comでCDを販売していた際も頻繁に「これはOBIはあるのか?」という質問をいただきました。

CDの帯というのは日本にしかない文化らしくて、その帯欲しさにわざわざ日本版のCDを買うというコレクターも本当に多かったです。

コレクターのパッションは本当に強くお金を出し惜しみすることはありません。

eBayキーワードリサーチ4

こうして絞って見ていくだけでも学びは多いのですが、更に深く入っていきます。

先程のキーワードツールで今度は『japan zippo』と入力をします。

eBayキーワードリサーチ5

そうすると上の画像のような結果が表示されました。

基本的にはキーワードを入力する際に1つのメインキーワードだけよりも2つのワードを組み合わせて検索する人の方が購買意欲は高くなると思います。

そして検索窓に入力される複合キーワードが2つよりも3つの方が更に「俺の探している商品に確実にたどり着きたい!」という意思が垣間見れます。

ということで『zippo japan』で更に深く検索して出た結果から注目すべきは『limited、dragon、armor』の3つだと思います。

limitedというのは限定という意味を持ちます。

つまりこのワードで検索する人は「日本限定のZIPPOで良いのはないかな」と思いながら検索する人が多いと思われます。

やはりコレクター気質を持った人が多いのでしょう。

armorというのは勉強不足でなんなのか分からないのですが、どうやらググってみると素材と形状の違いなようで重さがあるそうです。

見分ける方法もあるようでした。

なるほど、重さや素材感にまでこだわりがあったとは・・

次にドラゴンですが…まぁドラゴンを嫌いな人はいませんよね。

皆が愛してやまないドラゴンですから間違いないでしょう。

ということで『日本限定でアーマー仕上げでドラゴンデザインのZIPPOライター』という基準で考えていったら売れる可能性が極めて高まるんじゃないのか?という確信にも近い答えに近づくわけです。

そして実際にeBayなどで上記のキーワード(armor,dragon,limited,japan)を入れて検索してみて売れ筋の傾向を見ていくのです。

それで傾向を掴むことができたら適正な値段で仕入れられて適正な価格で売ることができれば手早く売れる可能性が高くなります。

僕だったら新品のZIPPOなら無在庫でテスト販売してしまいます。

実際に売れるのかという確証を早めに得たいからです。

それと注意点ですが、ドラゴンでアーマー仕上げしか売れないというわけでもありません。

例えば『japan zippo』で売れたものを見ていると仮面ライダーのZIPPOも多く売れていました。

つまり仮面ライダーコレクターがついでにZIPPOライターも買うということも否定できません。

あまり縛られすぎると狭い枠でしか考えられなくなるので、あくまでも『需要があるもので利益が取れるもの』ということを念頭に置いてリサーチを進めていきましょう。

今回は『Japan』という比較的ライバルが多いキーワードでの検索でしたが最初に入力するキーワードは何でもいいです。

『figure』でも良いですし『sailor moon』でもいいでしょう。

こうして深く入っていくと改めてeBayの性質が見えてきます。

それはeBayで日用品を探すというよりはコレクター系アイテムで検索する人が多いということです。

このキーワードからリサーチをしていくというのは『人』を主軸においたリサーチになると思います。

そして逆算してピンポイントで商品を見つけていくということになります。

ここまでで無料で完結します。

逆に言えば少々の数であればリサーチにお金を支払う必要はありません。

自分の勝ちパターンみたいなものが形成されてきて、ようやくツールが必要になるという感じです。

多くの人はツールが全ての問題を解決してくれると錯覚しているようですが、ツールの前に商売の本質を理解しておくことが、どれほどの武器になるかを知らない人が多い。

とまぁ言いましても確かに便利な有料ツールもありますから、そこについても紹介していきます。

が、

今日は長めになってしまったので、違う記事で深くメスを入れていきます。

ここまで読んでいただき本当にありがとうございました。

感想や質問がある場合は以下のコメント欄にお願いします。

コメントを残すということは自分の頭の中の整理、つまりアウトプットに最適です。

アウトプットは記憶の定着にもオススメなので、せっかく覚えたことを忘れないためにもコメントを残してくださいね。

 

只今、ブログの内容をより体系的にまとめた転売ビジネスの教科書を
無料でプレゼントしています。

レポートコンテンツ  動画コンテンツ  音声コンテンツ
文章ベースで何処でも
ノウハウ、知識を
学ぶことができます。
動画を見ながらに
具体的なノウハウ、
知識を学べます。
 イヤホンをしながら
ノウハウ、知識を
聴きながら学べます。

 

以下のフォームに教科書を受け取るメールアドレスと、
あなたの苗字を記入してプレゼントをお受け取り下さい。

 

*お名前(ニックネーム可)
*メールアドレス

13 件のコメント

  • 初めまして
    よろしくお願いします。

    ブログを拝見しまししたが、
    本質をしっかり身に着けることの大切さが伝わってきました。

    自分も今後転売ビジネスでの本業を目指しており
    勉強させていただきました。

    • マエカワ様

      コメントありがとうございます。

      おっしゃる通りで本質を身につけるというのは大事で
      僕も今だに意識するようにしています。

      ただただ価格差を調べていくという工程に
      プラスして「何故これが売れているのか?」
      と一段踏み込んだ考えを持つことで
      共通点を見いだせたりします。

      そうすることで『売れているそのもの』だけでなく
      その商品に関連する同様の売れる商品を
      見つけ出すこともできるようになります。

      頑張りましょうね。

      富澤 順

  • 僕がやっている事は完全に価格差を見つけるだけのリサーチでした。 その先にある人が見えてませんでした!

    • DAI様

      コメントありがとうございます!

      価格差を追い求めるリサーチが
      必要なときもあるのですが
      結局は『人』が重要な鍵になることが多いと思われます。

      その市場、その属性のお客様が
      どんな『単語』を頭に思い浮かべていて
      そんな『単語』で実際に検索しているのか?

      そういった角度からも
      調べていく今までは見つけられなかった
      利益が出る商品を容易に見つけられる場合があります。

      また、

      例として、この記事では『Japan』を
      挙げていますが、必ずしもそうとは限りません。

      『hermes scarf』などのような
      キーワードではjapanとタイトルには入れたりしません。

      しかしながらエルメスのスカーフを売っている
      日本人セラーも実は多くいらっしゃいます。

      メインキーワードを入れて
      そこから複合キーワードを見つけ
      さらに深く深く調べていくと
      ライバルとは違ったリサーチが可能になると思います。

      また感想やご質問等がありましたら
      いつでもコメント、メールをいただければと思います。

      頑張っていきましょう!

      富澤

  • はじめまして。
    コメント失礼致します。
    ebayは古着を売るのはポリシー違反になっていますが、used着物やリサイクル着物も不可能でしょうか?
    宜しくお願いします。

    • たな様

      コメントありがとうございます。

      古着はNGなわけではないですね。

      以下のリンクはebayのポリシーです。

      https://www.ebay.com/help/policies/prohibited-restricted-items/used-clothing-policy?id=4281

      どんなことが書いてあるかというと
      清潔で汚れのない衣類を販売すること。

      健康と衛生面をebayは大事にしていること。

      どんな古着を販売して良いのか?

      下着、靴下、そしていくつかの運動衣服を除いて、
      清潔で汚れのない古着をリストすることができます。

      ・・・

      と書いてあります。

      ですから、古着を販売することができます。

      着物も大丈夫です。

      実際に着物はebayで多く取引がある物です。

      僕も以前は着物を扱っていました。

      着物は輸出ではなく国内で仕入れ、販売をしてたのですが
      ウールの再販売は絶望的で正絹であっても一着数百円・・

      日本の素晴らしい文化なのですが
      時代の流れなのか評価されにくいですよね。

      当然、久保田一竹さんなどの
      高級品になってくると話は変わるのですが、
      大島や結城であっても安く取引されがちです。

      ただ、着物の知識がおありになって
      仕入れルートもあるのであれば
      販路拡大としてebayを使われることは
      とても良いことだと思います。

      実際に本当に多くの着物、帯が売れてますしね。

      是非、チャレンジされてみてください。

      また質問などございましたら
      いつでもメール、コメントを
      いただけましたら嬉しく思います。

      ありがとうございます。

      富澤

  • 初めまして、とても参考になります。

    ただリサーチしていたらダメだったのですね?

    リサーチに人を感じながらするなんて、思いもよりませんでした。

    今まで定番のやり方でリサーチしていたので、りの取れる商品が中々見つからなくて、みんなさんそこで仕入れしているのか不思議でした。

    是非このやり方を参考にリサーチしてみます。

    ありがとうございました

    • 松井様

      コメントありがとうございます。

      定番のリサーチも大事なのですが
      たまに違った角度、視点から
      リサーチをしていくことで
      これまた違った商品と出会えることがあります。

      是非、試されてみてくださいね。

      また質問や要望がありましたら
      いつでもメールやコメントを
      いただけたらと思います。

      頑張っていきましょう。

      富澤

  • 富澤様
    商売の本質身に沁みました。
    今年に入ってからアマゾン転売やメルカリ転売をかじってみて
    どうも稼ぐのが難しいと感じていて
    改めて人と接しているのだなと痛感致しました。

    本業は整体業をしているのですが
    整体の世界もお客様の本当のニーズは何なのか?を
    考えて行動してるのに
    物販になるとお金の事しか見えていませんでした。

    eBayビジネスは続けていくつもりなので
    色々な方のニーズも考えていきます^^

  • 森下様

    コメントありがとうございます。

    そうですよね、ネットでビジネスをしていると
    つい、その先にいる人を忘れがちですよね。

    >本業は整体業をしているのですが
    >整体の世界もお客様の本当のニーズは何なのか?を
    >考えて行動してるのに
    >物販になるとお金の事しか見えていませんでした。

    そうした日頃のニーズを
    考えながらの仕事は本当に素晴らしいです。

    その思考を転売でも応用すれば
    自然と見えてくるものがあると思います。

    また、転売という視点を取り入れると
    本業でも活かせる部分があると思います。

    僕自身も転売から学んだ視点を
    他のビジネスで取り入れて
    上手くいった実例が多々あります。

    結構、深い部分がありますので
    転売に本格的に取り組んでも
    損はないと思います。

    頑張っていきましょう。

    何か質問や要望がありましたら
    いつでもメールやコメントを下さいね。

    ありがとうございます。

    富澤 順

  • はじめまして。コメント失礼します。
    今年の6月半ばからeBayを始めて、先週、制限解除してもらいセラー(商品数)が大きく広がったのに、なかなか売れない商品達をみて、、ちょっと辞めたくなってる最中でした。ネットでリサーチ方法を調べておりましたが、しっくりくる答えが見つからない中、今日この記事に出会い、頭の中の疑問が解決しました!お陰様で楽しい気持ちがまた湧き上がってきました!有難うございます!

    • 松本様

      コメントありがとうございます。

      >なかなか売れない商品達をみて、、ちょっと辞めたくなってる最中でした。

      自分が期待した結果が出ないときは
      心が折れて辞めたくなりますよね。

      聞いた話ですが女性の出産の時も
      「もうダメ限界、これ以上無理、やめさせて」
      という時が生まれる寸前だという
      話を聞いたことがあります。

      僕も思い返すと「もう無理だ・・」
      と思ったことがありました。

      しんどい時に諦めないで
      やり続けることで現状の壁を
      乗り越えられる時があります。

      もちろん、成果が出ない時は
      現状の自分の視点を捨てたり
      今までとは違った考え方、方法で
      試す必要があったりします。

      現状に成功はなくて
      現状の外に大きな成果が待っていると思います。

      ・・・

      だいぶ抽象的な話ですね。笑

      楽しい気持ちが湧き上がってきたという
      言葉をいただけて僕も嬉しい気持ちになりました。

      ありがとうございます。

      また質問や要望などがありましたら
      メール、コメントを頂けたらと思います。

      頑張っていきましょう!

      富澤

  • コメントを残す