楽器転売(せどり)ヤフオク,ebayを使った稼ぎ方

富澤です。

オークションなどを用いて楽器を転売して儲けることができるのか?

楽器の転売(せどり)で稼ぐことは充分に可能です。

今日は楽器転売でどのように稼いでいくのかという部分に焦点を当てて解説をしていきます。

なぜ楽器のせどりで稼ぐことができるのか?

楽器に限らず趣味のジャンルというのは、こだわるとキリがありません。

釣りでもそうですが、最初は安い竿を使っていても、釣りの魅力に惹かれてしまうと竿も高いやつが欲しくなって気がついたら数百万円を注ぎ込んで装備を完璧にしている。

囲碁、将棋もそうです。

最初は同じく自分では買わずに人から借りたり、人のを使ってやらせてもらう。

ところが買ったり負けたり、駆け引きをしているうちに思考ゲームにどっぷりハマっていき、やれ碁石は何号の厚みがないとダメだとか、碁盤は榧(かや)の木でないとダメだなどとこだわり始めます。

僕はビジネスの先生に4つの市場でビジネスをしなさいと言われてきました。

  • 人間関係(コミュニケーション、恋愛など)
  • お金(資産運用、お金を稼ぐ)
  • 健康(ダイエット、肉体の悩み系)
  • お金のかかる趣味(乗馬、釣り、テニスなどなど)

人間関係やお金、健康の市場は緊急性があることもありますし、人間の欲望が渦巻く部分でもあるので沢山のお金が動いています。

例えば、人間関係の恋愛は『結婚相談所』とか『話し方教室』みたいなものなど多岐にわたります。

お金の部分で言えば、誰もが悩みを持っています。

健康面でも、来月に同窓会があるなんてことが分かれば体重を落とすために必死になるかもしれませんし、病気にでもなれば浄水器とか医療機器を高くても買う人がいます。

悩みがあって、それを解決する方法がその商品を買って使うことで解決をするのであれば人間はお金を支払います。

ですから、amazonなどを見てみると『お悩み系』の商品は根強く売れていることが分かると思います。

そして、少し異質なものに。

お金のかかる趣味というものがあります。

先ほどの3つのような緊急性や痛み、悩みは強くはないのですが、どういうわけかお金を使います。

人間は知れば知るほど欲しくなるという性質を持っていて、例えばロレックスのカタログをずっと見て知識がついてくるとロレックスが欲しくてたまらなくなります。

更に知識が付くとロレックスの中でも「この文字盤が良い」とか「◯◯年製造の個体が良い」などと更に玄人になっていきます。

僕自身も釣りにハマった時期がありましたが、やはり釣具の知識が付けば付くほど色んな物が欲しくなり、年代物の中古でも数万円を出して入手したこともありました。

しかし、釣りをしない人からしたら、竿はただの棒です。

でも本人はマジも大マジなわけですね。

そして、楽器にもそういった性質があります。

僕は楽器はやっていなかったのですが、楽器を販売する機会が多いです。

現在でも月に40個程度は販売していると思います。

楽器の需要は高く、根強い人気がある

楽器の中でも種類が沢山ありますよね。

例えばギター。

ギターの中にもクラシックギターやエレキギター、アコースティックギターなどがあります。

そして、それぞれメーカーも違えば型番も違う。

同じメーカーであっても型番が違うだけで相場もガラッと変わるものです。

僕は比較的、色んな種類のものをヤフオクなども使って販売しますが楽器のウォッチリストの入り方は凄いものがあります。

古いギターでも人気があるやつは数日でウォッチが100を超えたりします。

バンドでガチでやられている方もいるでしょうが、少しお金に余裕が出てきた方が買う傾向もあるようです。

実はこういった人をお客さんにするとリピーターになりやすかったりします。

良いものに対しては、それなりにお金を支払うのが当たり前という考えがあるからですね。

例えばamazonで価格競争で販売していると、そこに集まるお客様というのは基本的に『価格重視』のお客さんです。

値段が1円でも安ければ、そこから買うというような人たちです。

こういった人たちというのは品質やサービスよりも値段が優先順位が高いだけに、他にあなたよりも安く売っている場所、人がいればそっちに流れてしまいます。

チラシなどでも言われているのが安さを売りにしたチラシを撒いても人は集まるが、結局は価格だけしか見ていないので良いお客様になりにくいそうです。

しかし、品質や安全性。

例えばスーパーとかであればオーガニックなどでしょうか。

そういった物を主体としてチラシを撒いてみて、それに反応するお客様というのは高くてもオーガニックなどの安心でき、身体に良い物を買いたいと思っている人たちです。

こうした人は値段ではないので、その層が満足してくれるオーガニックなどの安心食品を充実させればファンになってくれる可能性がありますよね。

僕はスーパーを経営したことがないので、これはあくまでも想像ですが..

話を戻しますが、わざわざ高い中古のギターを買うという人は、それなりのこだわりがある人だと思います。

ギターをとってみてもヤフオクで1,000円以下で手に入るものもあれば数十万円の物もあります。

コレクター気質のある方というのは良い物を1本買ったから満足するということはなくて、次から次へと目移りしては買い集めます。

ですから、そういったジャンルでしっかりとビジネスをしていればファンも徐々に増えて
「こないだはありがとう!すごく梱包も良かったし、状態も思っていたよりも良かったです!ところで◯◯というギターを今は探してるんだけど、中々手に入らないんだよね。あなたがもし◯◯というギターを仕入れたら一番に教えてくださいね。」

といったメッセージをいただくことも可能かもしれません。

そうなると、売れることは分かっているので仕入れへの精神的負担も楽になるはずです。

楽器といった、そうそうは簡単になくならない市場は非常にオススメなのです。

実際に楽器はどれくらい、いくらで売れているのか

例えばサックスというキーワードでもヤフオクでは過去120日間で5,000件以上の取引があります。

サックス楽器相場①

海外のオークションebayでも過去90日間程度で8,000件を超える取引があります。

サックス楽器相場②

この中にはサックスのベルトや付属品だけという物も含まれているのですが、それにしても活発な取引が行われていることが分かります。

ギターともなれば、これの数倍の市場になっています。

先ほど書いたように大半の場合は型番というのがあります。

その型が相場を決定づけます。

例えば以下のヤマハのYAS-275というサックスは平均6万円です。

サックス楽器相場③

同じヤマハのメーカーでも型番が違うYAS-22というのは平均相場が25,000円。

サックス楽器相場④

理想はこのような型番毎の相場感が身についているとビジネスに活きます。

僕も釣道具を買い集めていた時はヤフオクなどで自然と「この竿はいくら」「このリールはいくら」などと中古の相場を把握していました。

好きだったから苦でもなんでもなかったのです。

という感じで、どんなに古くても売れる。

そして物によって相場があるということをここまでで理解していただけましたでしょうか。

でも、転売で肝心なのは、いかに安く仕入れるのか。

そして、どこで高く売れるのか。

これをマスターしないといけません。

高く売って安く売っていては破滅してしまうからですね。

楽器をどこで仕入れて、何処で売るのか?

基本的に僕は仕入れ場所や販売する場所の固定化をするのは好きではありません。

初心者の場合は「◯◯はamazonで売りなさい」とか「◯◯はヤフオクで売れ!」みたいな固定観念が植え付けられている場合があります。

別に楽器が売っている場所は何処でも仕入れ場所になる可能性があるわけだし、楽器を販売できる場所はどこでも売れるチャンスがあるわけです。

ですから、これからお話することも、あくまでも一例として吸収していただければと思います。

ヤフオク仕入れヤフオク販売で転売成立する場合もある

極端なことを言えば、ヤフオクで中古の楽器を仕入れてヤフオクで販売するだけで利益を得られることもあります。

ヤフオクで出品されている物はストアなどのプロだけが出品しているわけではありませんので、初心者や個人の方も多数出品しています。

その中には適当なタイトルであったり、状態が悪かったり、説明が足りていなかったりします。

そういった物は相場よりも安く落札されて終了することがあります。

逆に買う方(落札者)も同様に初心者の場合があります。

「このトランペットは父の物で実際に演奏できるか不明です。変色も結構しています。ジャンクでお願いします。」

みたいな商品説明だと不安になってしまいます。

届いて演奏できるような代物ではなかったらどうしよう、ジャンクで出してるしノークレムノーリターンということだし・・

これを買うのはやめて高くても安心できる物を買おう。

という思考になることが予想されます。

そこで、あなたがそういった足りていない格安商品を仕入れるとしましょう。

基本的にトランペットなどの管楽器は変色するのですが専用の薬品などを使って清掃することで新品級に生まれ変わります。

そして演奏なども問題ないことを確認して、しっかりと商品説明も詳細に入れて初心者の人でも安心して変えるように保障も付けたとしましょう。

そうすることで少なくとも仕入れた商品よりは魅力的な商品になったはずです。

実際に先ほどのサックスYAS-22も安いものは10,000円程度の物もありますが、最も高いのは37,000円台の物もあり同じ型番なのに価格差があります。

細かく見ていないので致命的な損傷があるから安く落ちている可能性もありますが、中には先ほどのような説明不足や魅せ方不足で落札価格が相場をだいぶ下回って落ちている物もあるのです。

そういった物をしっかりと見抜き、ひと手間を加えることで同じヤフオクでも利益を取れるようになります。

これは楽器だけでなくてカメラなども同様のことが言えると思います。

綺麗にする、しっかりと説明するという単純な付加価値を足すことで稼げます。

ヤフオク仕入れでebay販売でも稼ぐことができる

ギターなどは大きいので海外発送には一見して不向きなように思えますが、実際に日本人の方がebayでギターなどの大きな物を販売して稼いでいます。

ebay楽器売れ筋

この画像は実際にebayで売れた実績です。

発送元は日本で状態は中古、カテゴリーはエレキギターに絞った検索結果です。

大型のものではありますが、実際に売っている人もいれば、買う人もいるわけです。

例えば、コレクション性はないと思いますが、この画像内にも出てくるカシオのDG-20というデジタルギターなるものがあります。

これは僕の会社にもたまたまあったことがあり、試しに弾いてみましたが面白かったです。

そんなデジタルギターはebayでは平均280ドルが相場となっています。

ヤフオクでは平均4,600円ほど。

重さが分からず送料がどれほどなのか不明ですが、僕が前に持った時は軽かった記憶があります。

仮に軽いと見積もって6キロとするとEMSで10,000円ほど。

ebayの手数料などを引いてみても1万円弱は差益があるのではないでしょうか。

楽器ebay価格差①

下矢印
楽器ebay価格差②

この他にもサックスやトランペットなどのギターと比較しても小さい物もよく売れています。

ケースが重たいのですが、それでもギターよりは楽に梱包が出来るし、送料も少しは安くなると思います。

これまでに色んな楽器を売ってきた経験があるのですが、

  • ギター
  • ウクレレ
  • サックス
  • トランペット
  • フルート
  • クラリネット

などは比較的、驚くような金額で売れることがあります。

まぁこれもモデル、型番次第なので一概に良いとも言い切れない部分があるのですが。

楽器せどりのリサーチについて

基本的に僕が推奨するのは、出たばかりの新品などではなくて中古の楽器を初めは売ってみることをオススメします。

先ほども書いたように付加価値を付けて高く売る方法を使うことも出来るからです。

リサーチの方法に関しては先ほどの型番によって相場が違うというように型番(モデル番号)ごとにリストを作ったら良いと思います。

ただ楽器といった漠然としたジャンルでは何処から着手すればいいのかと混乱してしまうと思いますので、細部まで絞り込んでいきます。

例えば、

楽器→管楽器→サックス→ヤマハ

といった具合です。

そうすることで調べるべきモデル番号が少なくなっていきます。

そうしたら、ヤフオク相場とebay相場を比較しても良いと思います。

ebayで過去に数売れていて価格差もあれば、それはチャンスが大いにあります。

ヤフオク相場を把握していれば、ヤフオクでのお買い得な物も見分けるスキルが身につきますから、ヤフオク仕入れで付加価値プラスでヤフオクで販売してもいいです。

固定価格で高いスタート価格にするのであれば、同時進行で同じ商品をメルカリなどでも同価格で出品しても良いと思います。

売れたら、どちらかを取り下げれば良いだけです。

販路は多いほうが良いですね。

仕入れる場所と売る場所に制限を設けたら視野が狭くなってしまいます。

大事なのは

  • それが売れる人気商品なのか
  • それの相場はいくらなのか

ということです。

それが分かってくればリサイクルショップでも仕入れ対象になるでしょうし..

オマケとしてもう一品紹介するとamazonで売れるサックスもあります。

楽器転売amazonモノレート

これはモノレートの画面ですが、AL-500というサックスです。

新品も中古も売られているのですが、中古の状態でもそれなりに数売れています。

僕が見ている現在は最低価格が31,800円。

それに対してヤフオクなどの落札相場は、

サックスヤフオク落札相場

こんな感じです。

明らかに価格差があることが分かりますね。

これも、そのうちに競争が過密してamazonの価格も下がることが考えられます。

今現在は価格差があって利益が取れますが、数カ月後には価格差がなくなるかもしれません。

それがamazonの少し難しいところですが、販売力は素晴らしいです。

せどり、転売いずれも同じような意味ですが、このビジネスが手間がかかります。

ですが、ビジネスの本質、基本を体感してビジネス筋を鍛えることができます。

もし、他のビジネスをしようと思っても、転売で学んだことは役に立つと思います。

あなたの転売ビジネスライフへ少しでも参考になれば幸いです。

ここまで読んでいただき本当にありがとうございました。

感想や質問がある場合は以下のコメント欄にお願いします。

必ず目を通して返信をさせていただきます!

只今、ブログの内容をより体系的にまとめた転売ビジネスの教科書を
無料でプレゼントしています。

レポートコンテンツ  動画コンテンツ  音声コンテンツ
文章ベースで何処でも
ノウハウ、知識を
学ぶことができます。
動画を見ながらに
具体的なノウハウ、
知識を学べます。
 イヤホンをしながら
ノウハウ、知識を
聴きながら学べます。

 

以下のフォームに教科書を受け取るメールアドレスと、
あなたの苗字を記入してプレゼントをお受け取り下さい。

 

*お名前(ニックネーム可)
*メールアドレス

コメントを残す