【転売ビジネス】商品はどこで売るのが稼げるのか

富澤です。

よく「どこで何を売ればいいのですか?」といった質問をいただくことがあります。

僕は転売をずっと経験してきたので何を何処で売れば稼げるのかといったことは比較的理解しているつもりです。

しかしながら、これから転売を始めようと思っている方は、こういった初歩的な疑問があると思われます。

この記事では『どこで売る?』といった疑問を、それぞれの販売場所ごとに解説をしていきます。

転売を始める時にどこで売ることからスタートするか?

今は転売をしてみようと思い立ったら即日、始めることができます。

それはインターネットの恩恵としか言いようがないのですが、例えばamazonは個人でも出品できて、すぐに販売開始ができます。

操作なども本当に簡単でハードルがかなり低いです。

販売する場所は多いのですが、それぞれに特徴がありますので分けて解説をします。

amazon.co.jpでの転売

もうネットで物を買うと言ったら「amazon!」というくらいに日常に浸透しています。

僕も頻繁に使うのですが、本当に便利です。

amazonの素晴らしいところは膨大な資金を費やして顧客を集めています。

とあるリサーチ会社の調べではamazonは4,000万人が利用しているそうです。

本当かよ・・と眉をひそめたくなるのですが、プライム会員という有料会員数も300万人程度いるそうです。

年会費3900円くらいなので300万人で・・117億円ですか。。

コストコも会員にならないと買い物ができないのですが、会員は年会費を喜んで支払っています。

この会員費用がコストコの最も大きな利益の源になっています。

amazonは自社で販売もするし、マーケットプレイスで販売者から手数料も徴収してと本当に素晴らしいビジネスモデルです。

そんな巨大なマーケットを作り上げたamazonですが我々のようなイチ個人も販売ができます。

出品も簡単な操作で完了できて売れたら約15%程度の手数料が引かれます。

売れるジャンルも幅広くて家電からカメラ、CD、ゲームなどと殆どのジャンルを網羅しています。

それだけに大手企業もamazon内で販売している事が多いです。

こうなると競争激化しているジャンルもあり、初心者がいきなり参入して儲かるというのも難しいので工夫が必要になります。

大手がやらないジャンル、大手が見向きもしない小さな市場などですね。

また中古品などもamazonでは結構売れています。

もろもろ楽なだけにamazonで転売するのに慣れてしまうと他のプラットフォームで販売するのが辛くなってしまいます。

個人的には、

  • amazonの相場、売れ行きを見てリサイクルショップで仕入れてamazonのFBAに送って販売する方法
  • amazonの相場、売れ行きを見てヤフオク、メルカリで仕入れてamazonのFBAに送って販売する方法
  • 中国のアリババなどから仕入れてamazonのFBAに送って販売する方法

というのは、競争もそれなりにありますが頑張れば稼げると思います。

実際、ヤフオクよりもamazonの方が高く売れている商品というのは結構あります。

やはり個人売買よりもamazonを通して買うという安心感から価格が多少高くても売れるのでしょう。

ヤフオクでの転売

メルカリの登場でヤフオクも目立たなくなったと思われる方もいらっしゃいますが、利用者的にはメルカリよりもヤフオクの方が上です。

ヤフオクは基本的には中古を販売する場所というポジションがありますので、どうしても希少性がある物が高値で取引される性質があります。

それだけにヤフオクで売れる物をどこで仕入れるのか?と思われるかもしれません。

オーソドックスなのがeBayという海外のオークションサイトから仕入れてヤフオクで販売する方法です。

例えば、下の画像のリヤドロの5171という商品。

リヤドロ1

ヤフオクで2万円弱で売れているのですがeBayでは過去に25〜35ドルで売れていました。

日本まで国際送料などを含めて約8000円くらいで収まりそうであればヤフオクで1万円弱の利益が出ることになります。

もちろん、この商品が必ず2万円弱で売れるという確証はありませんから、過去に遡って深く調べていく必要はあります。

こうしたアンティーク品などを輸入転売するのも一つの手ですし、僕の知り合いではリサイクルショップでジャンクのオーディオなどを仕入れてきてヤフオクで転売しています。

スピーカーなどの大型商品はamazonとあまり相性が良くないらしく、ヤフオクで売るのだそうです。

毎週末になるとリサイクルショップに足繁く通っては最低でも1商品を見つけ出して1万円程度の利益を出してるみたいです。

ジャンクオーディオをヤフオクで買っていくのは代行業者が多いらしく顧客の代わりに落札して中国などに送っているのだそう。

僕もヤフオクはかなり使っているのですが代行業者の落札率が半端ではありません。

やはり中国の力なのでしょう・・

ヤフオクにはヤフオクに合った商品があります。そして中古が相性良いのは言うまでもありません。

もちろん、新品でも売れるのですがamazonと比較しても安く買われてしまうので敢えてヤフオクで新品を売る必要もないのかなと思います。

存在感が薄くなっているヤフオクではあるものの個人的には中古転売が得意なのでヤフオクは好きです。

メルカリでの転売

数年前からメルカリの勢いは凄いですね。

このメルカリを使った転売も話題になっていますが、メルカリ自体は転売を嫌っています。

以前は中国輸入の商品を大量に出品してメルカリで売りまくって儲かる手法が上手くいっていました。

しかし、メルカリ側もそうした業者を排除する仕組みを強化して大量に同じような商品を売っているアカウントは相次いで停止になっていきました。

じゃぁアカウントを買って、どんどん新規アカウントで売っちゃえばいいじゃんということでアカウントの需要が生まれヤフオクではメルカリ認証アカウントの市場が出来上がりました。

しかし、このアカウント販売業者が逮捕されたことによって一斉にヤフオクからメルカリアカウントを販売する業者は姿を消しました。

今でも裏で売買している業者はいるようですが、それを買って転売していても枕を高くして寝れませんよね。

ということでメルカリで転売は微妙なのですが、裏を返せば同じような商品を売らなければ良いのです。

一点物をしっかりと売っていくスタイルを取れば、そもそも転売なのか個人所有物の処分なのか分かりません。

ですから中古品などの一点物を転売するにはメルカリでも良いと思います。

ただ、メルカリは基本的にフリマというコンセプトなので『値下げしてくれ』といったメッセージが頻繁に届きます。

これが鬱陶しいと感じる方はメルカリは向かないかもしれません。

また値切りが原因なのか分かりませんが、相場自体も安く取引されているものが多いように思えます。

逆に仕入先として使うのも良いではないでしょうか。

ここで仕入れをして他の高く売れる場所で売るというスタンスですね。

eBay(イーベイ)での転売

eBayとは海外のオークションサイトになります。

ヤフオクの海外版と思ってもらえたらイメージしやすいと思います。

歴史的にはヤフオクよりも古く利用者数も世界最大級のオークションです。

それだけに売買されている商品も多岐に渡ります。

もちろん日本人の個人から日本企業までがeBayで輸出ビジネスを実践されています。

eBayもやはりオークションということになりますので中古品の取引が活発です。

例えばパイロット製の古い万年筆ですが約140ドルで売れています。

eBay1

同様の商品を過去にヤフオクでいくらで売れているのかを調べると、

6,500円で落札されていました。

eBayの手数料を引いて送料だ仕入れ値だとコストを引いてみると5千円以上は利益が残りそうです。

こうした商品がゴロゴロとあるのがeBayの素晴らしい点です。

しかし、デメリットとしては英語でのやりとりがメインとなるということです。

これをポジティブに捉えると、こうした参入障壁があるので僕たちのような資金力を持たない個人でも早い段階で稼ぎ始めることが可能であるということです。

多くの人は「自分には無理」と決めつけて海外輸出を諦めてしまいます。

でもやってみれば分かるのですが難しいことはありません。

個人的には初心者の方にこそオススメの『売る場所』です。

コツとしてはeBayで売れるものを調べて、その商品の相場を見定めて逆算して利益が出る値段で仕入れを国内でする。

このシンプルな流れになります。

それで利益を得ることは十分に可能です。

この辺りは以下の記事を参考にしていただくとeBayで販売することの基礎概念が理解できると思いますので読んでいただけると幸いです。

【eBay輸出の始め方】転売初心者でも儲かるやり方

amazon.comでの転売

海外輸出という流れで代表的な販売先としてamazonがあります。

amazonはUSAが本場ですね。

この本家amazon.comでも僕たち個人は販売することが可能です。

日本に住んでいても販売者登録することが可能なのです。

amazonの利便性をそのままに輸出をすることができる素晴らしさで僕は一時かなりamazon輸出をやっていました。

日本製品は海外では人気がありますのでよく売れています。

その代表的なものに、アニメフィギュア、日本発売のCD、文房具、ゲームソフトなどがあります。

日本の企業が作る物って結構素晴らしいんですよね。

きっと僕たちが『イタリア製のシャツ』『フランスのワイン』とかそういったフレーズに憧れを持つように(俺だけ?)きっと海外の人も日本の物に一種の憧れと尊敬の心を持っていることが予想されます。

amazon.comではシステムをフル活用することで無在庫での販売も可能です。

そのあたりのことは以下の記事が参考になると思われます。

amazon輸出ビジネスは難しいけど稼ぐやり方があった

amazon輸出 初心者でも儲かる無在庫転売の方法6ステップ

最近では無在庫販売の手法が蔓延したのもあってamazon.comでは日本人同士で血肉の争いが巻き起こっています。

価格競争ですね。

薄利多売に拍車がかかり生き残りも必死です。

これも小さな市場を攻めたり、方法を工夫するなどで入り込む隙は大いにあります。

流れに乗ってしまうと結構驚くような売上が立ちます。

また、ホリデーシーズンといって年末商戦の時期になると途方も無いようなオーダーが入ります。

僕も自宅が荷物で溢れかえる経験をしたことがあるのですが、ほんの10日間くらいで2ヶ月分くらいの売上がサラッと立ってしまいます。

やはりアメリカの販売力というのは驚異的なのだと実感したのは言うまでもありません。

どこで転売ビジネスの事業を作るか

ここまでそれぞれの販売場所の特徴を簡単ではありますが解説しました。

紹介した以外にも販売できるネット上の場所はたくさんあります。

ですが人が多く集まっている方が売れやすいのは事実なので最初は人が集まる場所で販売をした方が良いです。

そして、自分に合った方法で転売ビジネスを取り入れるのが理想です。

どういうことかと言うと、自分の知識や経験などを活かすということです。

もし、あなたがカメラに詳しいのであれば、それは武器になります。

世の中の9割の人はカメラの動作のさせ方も分かりません。

しかし、すでにそういった知識があるのであれば、それを転売に活かしたほうが早いわけです。

ゼロから知識を蓄えようと思うと時間がかかるのですが、手持ちの知識をビジネスに繋げれば時間削減になります。

あとはその得意分野の商品が『どこで売ったら高く売れるのか?』ということを抑えます。

仮にカメラであればeBayで売るのが良いと思います。

ヤフオク、メルカリ、フリーマーケット、リサイクルショップ、、どこでも良いです。

お値打ち品を仕入れてeBayで売るのです。

すでにある武器は絶対に活かしたほうが良いです。

ですが、こう言ってしまうと「じゃぁ何の知識もない僕は転売できないんですか?」と言われそうなのですが、そうでもありません。

そういった知識、経験などない方も当然いると思います。

僕もそうだったので安心してください。

そういう純真無垢な方はeBayあたりから始められたら良いと思います。

先程も書きましたが参入障壁がある、人が少し嫌がるようなことを率先してやるのが大事です。

誰でもできてしまうことは儲かりません。

『人の行く裏に道あり花の山』という言葉があるように逆を行ってなんぼです。

更に言うと、eBayもすでに日本人セラーが割拠しているので、その中で更に人が嫌がるような分野、専門性が必要なジャンルを取り扱うと素晴らしいと思います。

この辺りについて具体的な質問がある方は気軽にコメントやメールをください。

ここまで読んでいただき本当にありがとうございました。

感想や質問がある場合は以下のコメント欄にお願いします。

コメントを残すということは自分の頭の中の整理、つまりアウトプットに最適です。

アウトプットは記憶の定着にもオススメなので、せっかく覚えたことを忘れないためにもコメントを残してくださいね。

只今、ブログの内容をより体系的にまとめた転売ビジネスの教科書を
無料でプレゼントしています。

レポートコンテンツ  動画コンテンツ  音声コンテンツ
文章ベースで何処でも
ノウハウ、知識を
学ぶことができます。
動画を見ながらに
具体的なノウハウ、
知識を学べます。
 イヤホンをしながら
ノウハウ、知識を
聴きながら学べます。

 

以下のフォームに教科書を受け取るメールアドレスと、
あなたの苗字を記入してプレゼントをお受け取り下さい。

 

*お名前(ニックネーム可)
*メールアドレス

コメントを残す